これまで、母性本能についてお伝えしてきました。

女性が恋愛や性で犠牲的になったり、まっすぐ向きあえなくなる原因のひとつだからですが、性の全容を見てみるために、過去の遠い記憶から、ときめきにあふれる未来へと飛んでみましょう。

あなたが初めて愛し、あなたを初めて傷つけたお母さん。

少女期のトラウマというほど深刻じゃなくても、この悲しみの原体験はすべての女性がもっています。

出産を前提に作られている女性の心とからだには、母性という「痛みがまんソフト」が組み込まれていて、7歳頃から稼働するため。

お母さんを母性で守ろうとし、自分の欲求をがまんして耐えたという原体験です。

大人になっても引きずるお母さんへの複雑な感情は、ある程度は自分でコントロールすることができますし、多くの女性がそうしよう、お母さんをゆるそうと、理性的な努力をします。

なぜかというと、お母さんをきらったままではしあわせになれないと、これも本能的に直感しているからです。

そもそものお話をすると、幼い頃、あなたに孤独を味わわせた「痛みがまんソフト」は、性のOSに組み込まれた母性という本能のひとつ。

本能は、人を苦しめるためには絶対に存在しません。

食べること、眠ることと同じく、より幸福と充実を味わうためのしくみです。

では、母性本能にかぎっては、なぜ少女のあなたに孤独を味わわせたのでしょう。

性の道へ向かわせるためです。

男性とふれあい、肌のぬくもりでからだをつつみこまれることで得られる、お母さんがくれなかったやすらぎや安心感を、あなたに与えるためなのです。

つまり、

「もっと愛されたい」

「お母さんでは無理、ちがうだれかを探したい」

と、あなたが行動するよう最初からしくまれていたこと。

事実、性の世界には、母への失望や不満をきれいに払拭できる、大きな「成功」があります。

お母さんをゆるすのではなく、

「わたしを生んでくれてありがとう…!」

全身全霊でそう実感すること。

これは、ゆるすことのように意識的に努力をしたり、ネガティブな感情を消そう消そうと自分に言い聞かせる、いわゆるマインドコントロールとは、少しちがいます。

あなた自身の心とからだから、自然にわきあがり、あふれる洪水のような感動であり、感激です。

結婚や出産といった晴れやかな時だけでなく、セックスによる深い性的快楽を得た時にも、このメンタル革命が起きます。

性のよろこびは、あなたが不安、悩みや自己否定の苦しみから解放され、愛を実感して生まれてきたしあわせを味わうためにあるのです。

心はあやふやなもので、どっしりとしたいかりでつながれていないと、吹く風のままに北へ南へ流されやすいものですが、そのいかりの役をするのが肉体です。

肉体は、陽の世界のあらゆる情報を脳に届け、なにが不快でなにがよろこびなのかを取捨選択して、喜怒哀楽や記憶、願望といったあなたの心を作りだします。

陰の世界は、この脳内の情報収集作業場のようなものですから、陽の世界で心にひずみが起きた時、陽の世界で解決しようとするよりもたやすく、陰の世界で正すことができます。

というよりも、現実生活での心の負荷を取り去り、バランス調整をするために、性という陰世界が存在するのですね。

性の世界は人とのふれあいで始まり、ふれあいで終わります。

「やさしく抱きくるんでくれる人肌のぬくもり」は、あなたの記憶の奥底で泣いている孤独な少女をやさしく泣きやませ、深い安心感で救ってあげる、たったひとつの手段です。

心の疲れや重荷をとりのぞく、やすらぎ、愛、しあわせです。

そして、すべての女性が知ることのできる最高の性の快楽の、第一歩でもあります。

愛する人と、身も心もひとつにとけあうセックス。

すてきですね。

女性が一度ならず抱く夢ですが、それもそのはず。

「めざしなさい、そこへ向かいなさい、可能です」

という、本能のメッセージだからです。

順次お伝えしていきますが、性の快楽体験は、一般的にイメージされているような、わいせつ感や罪悪感とは、本来は無縁です。

それは、行けるはずのないはるか銀河宇宙への旅のようでもあり、花々の咲き乱れる優美な天国への小旅行のようでもあり、女性だけがたどり着ける、神秘的で祝福に満ちたピュアリー・プレジャーです。

陽である男性の肌のぬくもりは、時間をかけてじっくり伝えてもらえばもらうほど、女性だれもが潜在意識に抱える悲しい原体験を、溶かし、散らして、昇華してくれます。

その腕の中で、今まで押し殺してきた自信のなさや不安、怒り、つらい自己否定感がうそのように消えて、女性の肉体をもって生まれた自分への誇りと感謝が、金の雨のように降りそそいでくるのです。

あまりにもすばらしい体験で、

「この世に生んでくれてありがとう」

と、天に感謝し、お母さんに感謝し、それまでのしこりのような複雑な思いはなくなります。

 

女性の性や恋愛に大きな影響を及ぼし、母性本能を生みだすのは、オキシトシンという脳内ホルモンです。

このオキシトシンは、これまで出産、授乳時の働きだけがわかっていましたが、実際には、男性との出会いから、引き寄せ、選別、子宮への作用やオーガズムと呼ばれるめくるめく性的快楽まで、すべてに関わっています。

セクシャリティのかなめであり、女性の性全般をつかさどる、OSの基盤のようなものですね。

それがなければ、女性は女性であることを放棄し、男性への恐怖心や違和感を克服できずに、生命の継承という役割を捨ててしまいますから。

もちろん、現代では、子どもを生む、生まないは自分で選ぶことができます。

それでも、オキシトシン・ホルモンが心とからだに及ぼす影響が、書きかえられているわけではありません。

人にインストールされている性のOSは、太古から一向に変わっていないのです。

 

愛し愛される男性を探しあてること。

その肌のぬくもりで、からだ中をつつみこんでもらうこと。

じっくり、ゆっくり、性の快楽へと連れていってもらうこと。

年齢によっては、出産や授乳の幸福感が先になることもあります。

逆に、オキシトシン・ホルモンがたくさん分泌するしあわせなふれあいセックスが子宮や卵巣の機能を活発にし、自律神経を整え、赤ちゃんを授かることも充分ありえます。

(授かります、と断言できるような医学的検証は残念ながらまだなされていませんが…)

いずれも、

「さあ、しあわせな性世界へそのままお行きなさい」

と、本能が敷いた、ふかふかとやわらかであたたかい、女性性という愛のじゅうたんであることを、お伝えしておきます。

母性という「痛みがまんソフト」は、取り扱いのポイントさえ知っておけば、この上ないあなたの味方になるのです。

そのポイントは、次回お教えしますね。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016 Sumire Mizuno

〈性の浄化〉をがんばるスミレママを
いいね!で応援しよう☆彡

Twitter でスミレママをフォローしよう!