愛し愛されること。

それは、大きなひとつの夢のかたまりのように感じますね。

でも、冷静に見ると、まるで裏と表のふたつの夢が重なりあっています。

愛することと、愛されること。

両方のバランスが取れると心とからだは安定し、やわらかみのある自然な女性性が、香るように開いていきます。

でも、どちらの比重が大きすぎても、心が苦しくなったり、からだに不調が起きてしまうのです。

女性は陽である現実世界で、周囲の人に対して多くの「愛」を使っています。

それは、心とからだにあらかじめ、母性という「痛みがまんソフト」がインストールされているから。

このソフトの取り扱いを知らないままだと、愛し愛されることのバランスが崩れて、心がこわれたシーソーのように激しいアップダウンをくりかえすことが多々あります。

まじめでがんばりやの女性ほど、陰、つまり性世界で、ここちのいい快楽という「愛」を補充することがとても大切なのです。

母性については諸説ありますが、ここでは女性の性のもつれをほどく手だてとして、ごくシンプルにひもといていきます。

過去にさかのぼっていきましょう。

仕事をもつ。家庭をもつ。子どもをもつ。

どんな大人になっても、いくつになっても、男性であれ女性であれ、心の奥には幼いままの自分がいます。

日々の暮らしではめったに思い出されませんが、現実の裏側である性の世界に、いつでもかならずいるのが、なつかしいその子です。

心の奥底で、ひとりぼっちで泣いている少女。

7歳頃のあなたです。

目に見えてからだが変化する、思春期の性の目覚めよりも数年早く、目に見えない女性性が芽生える年齢です。

かわいそうに、なぜ少女のあなたは泣いているのでしょうか。

「さみしい」からです。

「もっと愛されたい」から。

だれに?

「お母さん」に、です。

自分の性と向きあえない、あるいはセックスにコンプレックスを抱く女性は、大半がこの時期の母娘関係のひずみから、そのタネを生じさせています。

 

お母さんは、どんな存在だったでしょうか。

やさしくて、たのしくて、あったかくて、おもしろくて?

「大好き」を通りこして、思い浮かべるだけでドキドキしたかもしれません。

いつも忙しそうで、近よりにくかったかもしれません。

目の前で見た泣き顔にショックを受けたかもしれないし、イライラと怒鳴られてばかりいたり……?

いずれ、どんなお母さんであっても、少女のあなたはお母さんを心から深く愛していました。

それは、それまでのような、「もっとお母さんに愛されたい」というむじゃきな欲求を抑えつけるもの。

そう、母性の芽生えです。もっとも身近な人である、お母さんに対して、ソフトが試運転を始めたのです。

飛びついて甘えたい。

もっと話を聞いてほしい。

もっと抱っこされたい。そばにいてほしい。

でも、がまんしました。

困らせたくない。

お母さんがかわいそう。

助けてあげたい。

少しでも役に立って、よろこばせたい。

幼いあなたは、一生懸命にお母さんを「守っていた」のです。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016 Sumire Mizuno

〈性の浄化〉をがんばるスミレママを
いいね!で応援しよう☆彡

Twitter でスミレママをフォローしよう!