母性が芽生える7歳頃の心の動きは、のちのあなたの性に大きな影響を与える、女性性の原体験です。

自分の欲求を抑え、がまんすることでお母さんを「守っていた」少女のあなたは、それによってお母さんをよろこばせることを覚えます。

お母さんは、まさか幼いあなたが「母性で自分を守ろうとしている」とは、夢にも思いません。

ランドセルさえ大きすぎてひっくり返りそうな、小さな娘の「心の成長」という受け止め方をします。

 

言われなくても自分から進んで手助けをした時。

役に立ちそうなことを思いつき、実行した時。

遊びたいのをがまんして、勉強や習いごとをがんばった時。

手のかかるきょうだいのめんどうを見てあげた時。

お母さんから、こんなふうにほめられたのではないでしょうか。

 

(ものわかりのいい)「いい子ね!」

(気のきく)「やさしい子ね!」

(がんばりやの)「おりこうな子ね!」

(自分を殺せる)「いいお姉ちゃんだこと。助かっちゃうわ」

 

ものわかりのいい子。

気のきくいい子。

がんばりやのいい子。

自分を殺せるいい子。

こうしたメッセージとしてあなたは受け止め、もっとそうなろうと努力したのではないでしょうか。

この努力は、もちろん悪いばかりではありません。

ただ、現実世界においては有益な努力だということです。

つまり、社会性。陽の部分です。

母性の芽生えという性的成長を、社会性の成長としてのみ評価してしまっていることに盲点があります。

そのために、お母さんは「もっと成長してくれますように」と期待を寄せていきます。

でも、少女のあなたは、本当は陰の世界で本能的に、「愛し愛され」たくてやっていたことでした。

お母さんがそれに気づいていたら、きっとこう言ってくれたはずなのです。

 

(ものわかりがいいのは甘えたいのね)

「お母さんも、お礼にあなたのしてほしいことをなんでもしてあげる。なにしてほしいかな?」

 

(気がきくのはふりむいてほしいのね)

「一緒にお絵かきしようか!」

 

(がんばりやなのは認めてほしいのね)

「でもね、もしもできなくても、あなたがとっても大切よ」

 

(自分を殺せるのはわたしのためね)

「おいで、うんと抱っこしてあげる!」

 

こんなふうに言われたら、どんなにうれしかったでしょう。

お母さんを困らせないよう、悲しませないよう、一生懸命守っていることをわかってもらえたのですから。

「愛したら、愛された!」

そう、これが女性としての最初の成功体験。

愛としあわせがあふれて、力もみなぎり、けっしてがまんではない自然な女性性へと性の道を歩きだします。

しなくていいことも選りわけられるようになり、母性という「痛みがまんソフト」の使い方を覚えることができたのです。

大人になって、恋愛やセックスといった性の世界で自分を抑えつけることなく、のびのびと女性性を開放できる人は、女性としての誇りやしあわせな性の気配を、お母さんから受け取っています。

ほめて育てるという育児法はとても大切なのですが、陰陽のバランスが取れたほめかたをしてあげないと、のちのち自己肯定がしにくくなる、あるいは、お母さんに対する恨みのような感情に苦しんでしまいます。

環境により人それぞれですが、深刻であれ軽度であれ、これは多くの女性の性世界にはだかる、かなり大きな岩です。

人知れず長らく抱えることになる、つらい無意識の苦しみです。

 

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016 Sumire Mizuno

〈性の浄化〉をがんばるスミレママを
いいね!で応援しよう☆彡

Twitter でスミレママをフォローしよう!