%e3%81%8d%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%ae%e6%af%8d%e3%81%95%e3%82%934

人の役に立てなくてもいい。

そういう他人ありきの意識軸だと、お人よしの深みにはまっちゃったりするから。

まず、きみ自身のからだを守ろうよ。からだを守れば、心も守れる。

人の役に立てるのは、それからだよ。

そうでないと、都合よく利用されたり、見くだされて傷つくこともある。

わたしの子が?じょうだんじゃない。

そういう親のエゴのもとに育ててきたから、きみは本質的には相当わがままなはずなんだ。

人とおなじようにやれなくて、葛藤しているようで、

つらいのかな、大丈夫かな、とはらはらする。

だれかに「こうしなさい」と言われて従ったほうが、楽だし、そうしてあげればよかったのかなあ、とすこし思う。

でもね、わたしの生きた社会は、きみの生きる社会とはちがっているはずで、そんなどうでもいい価値観をきみに押しつけられなかったし、

きみだってつっぱねたしさ。

変わる常識よりは、変わらない良識ね。そうそう、それでよかったの。

わがままとは、きみが、きみの感じるがままということよ。

ひとつのたましいが、なにかを感じる。それが、悪いことであるわけがないでしょ。

感じるままにどこへ行くのかな、と手に汗にぎってだまって見ているからね。

ただ、すこし、遠慮しすぎるかな。

孤独なきみが思うよりも、人はやさしいから、もっと自分の役に立つことを、人にしてもらって大丈夫だよ。

「迷惑かけたら悪いから」なんて、きみががまんばっかりする必要は、ないの。

きみのからだをけんめいに守ってきた母さんの願い、たまにはきいてください。

今日は、母校の小学校で、運動会をやっていたみたい。

負けずぎらいのきみ、ころんでびりになって、くやしくて、泣いたこともあったね。

今もそうかもしれないけど、いいのいいの、勝ちたいやつには勝たせてやれ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016-2017 Sumire Mizuno

〈性の浄化〉をがんばるスミレママを
いいね!で応援しよう☆彡

Twitter でスミレママをフォローしよう!