%e3%81%8d%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%ae%e6%af%8d%e3%81%95%e3%82%934

 

スープのさめない距離で暮らす母は、すこし前まで一週間、二週間、

音沙汰ないのもざらだったのに、このところ毎晩わたしの家に顔を出す。

(おや。さみしいのかな?)

どうせ姫はバイトか遊びで、毎晩ひとりで食べる夕飯、母の分も用意するようになった。

昔は、母が何を考えているのかわからなくて、ちょっと苦手だった。

どちらかというと華やかでお姫さま体質の人だから、

一緒にいると、いやおうなしに自分がめしつかいになってしまう気がした。

「…してちょうだい」

「…しないでちょうだい」

「わあ、いいな。貴女のその服ちょうだい」

とまあ、ちょうだい王国の王妃とでもいうべきか。

苦労もあんまり身につかない、よくいえば天真爛漫な人。

お金があればあるだけ、なければないなりに、毎日、遊ぶ、遊ぶ、遊ぶ。

欲が強いって元気の素なんだなあと、感心しきりだったけど、さすがに後期高齢者突入、そろそろ欲が薄れてきたのかしら。

ぺちゃくちゃ未亡人仲間とのつきあいよりも、娘の顔を見たがるようになったなんて。

(やっぱり、歳をとるとさみしくなるものなのかな)

そんなふうに思いながら、いつもならすぐに仕事部屋に入ってしまうわたしも、

食後は母とテレビを観ながら、リビングのソファでずるずるまったり。

昔は、母とふたりだと緊張して、こんなむつまじい時間を持つこともなかった。

なんとなく、ようやく心が寄り添ったようなこの感じは、

とがっていたわたしが大人になったということなのか。

「…貴女さ」

「ん?」

「今、収入どれくらい」

(どきっ)

「お隣の家、空き家になったでしょう」

「ああ、そうね。ご主人さんホームに入られたみたいね」

「息子さんがたまに窓を開けに来ているけど、売りに出すとき声をかけてくれるって」

「ふーん。なんで」

「貴女、買わない?買ってちょうだいよ」

「…は?」

「4000万くらいだろうと思うのよ」

「…」

「貴女が住んでも、子どもが所帯を持ったら住まわせるにも、いい物件だと思う。ちょっと考えてみてちょうだい」

あ、すごい稼いでいると思われているのかもしれない。逆に、やばい。

種の存続本能も、はんぱない。

「ものかきなんかローンは組めないよ。それに、わたしの年収はね、×××…」

えっと叫んだ母。

「あれだけ日がな1日書いてて?そんな仕事、もうやめてちょうだい!」

今さら遅いつうの。

「…あーあ。お隣の家、欲しかったなあ」

なんでもちょうだいちょうだいすれば手に入ったのは、あなたの夫が働き者で、あなたが大事に守ってあげてたからでしょ。

愛されてたね、お母さん。

すてきな夫婦だったと思うよ。

「貴女、昔から物欲なかったものねえ」

「そだね」

ちょうだい王妃の不肖の娘は、なぜか物には目がいかなくて。

「なんだかかわいそう。年金出たら欲しいもの買ってあげる。遠慮しないでちょうだい。これでもまだ親なんですからね」

「あはは。欲しいもの、そうねえ…」

小さくなった母の肩をさすりながら、考えるふりをしているけど、答えは出てる。

欲しいものはいつだって、手を伸ばせば届く人、だよ。

こんなふうに、届くまでにずいぶん時間がかかることだってあるけれどもね。

ありがとうね、お母さん。

 

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016-2017 Sumire Mizuno

〈性の浄化〉をがんばるスミレママを
いいね!で応援しよう☆彡

Twitter でスミレママをフォローしよう!