%e3%81%8d%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%ae%e6%af%8d%e3%81%95%e3%82%934

きもちのいい秋晴れの土曜日。

朝起きたら、夜中に訪ねてきたらしいきみがリビングで寝ていて、びっくりした。

部屋いっぱいに、小春日和の陽ざしがさしこんでいるのも気づかないで、

二日酔いなのか、午後になってもまだぐうぐう寝ているきみを、

(…早く起きなさい!ボーイスカウトの時間だよ)

と、たたき起こしたくなりました。

きみは覚えているだろうか、近くの林の木もれ陽の下で、しょっちゅう日帰りキャンプをしたこと。

あれは、少年のきみを女手だけで育てちゃいけない気がして、

週末だけのレンタルお父さんをしたのでした。

力もちで、器用で、なんでも一生けんめい教えてくれる、やさしくかっこいいお父さんたちがたくさんいたね。

仲間の子たちと野山をかけまわったり、はんごうでごはんを炊いたり、自然を学んだり、

目をかがやかせて、夢中で楽しむきみを見ていることが、

あの頃の母さんのいちばんのよろこびでした。

忘れないようにね。忘れないようにね。

きみがなりたいだろうかっこいいおとなになるなんて、かんたんだよ。

きみが大切だと思うことをだれかに伝えればいいの。

それはいったいどこでやれるのかを、真剣に探すのよ。

がっかりするな。がっかりすることに、早く慣れなさい。

 

目覚めなさい、目覚めなさい。

きみの力を借りたい人が、どこかにかならずいるよ。

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 Sumire Mizuno

〈性の浄化〉をがんばるスミレママを
いいね!で応援しよう☆彡

Twitter でスミレママをフォローしよう!