image

これからヨーロッパへ行ってきます。

初めての海外ひとり旅です。

せっかくサイトを開設したので、旅の記録をつけていければと思います。

ヨーロッパは過去、一家でイギリス滞在した頃から16年ぶりです。

ミレニアムのときで、イギリスでは小説版ハリーポッターが大ブームになっていた。

おもちゃやさんではポケモンがブレイク真っ最中。

現地の小学校に通っていたきみたちも、ポケモン人気でみんなと共通の話題があってよかったよね。

あれから、きみらも世界もずいぶん変わりましたね。

わたしもかな。世間知らずの家庭の奥さんだったから。

離婚して、恋愛経験と苦労の数はベラボーに増えましたが(笑)、

内面はずっと当時とおなじものを見つづけている気はします。

イギリスはじめヨーロッパは、新しいものより古いものの方がエライ、というような流されない感じがあって、

そういうところが魅力的です。

新しいものは、どこか人の心を焦らせるでしょ。

ついていけるかな、とか。早く取り込まなきゃ遅れちゃう、とか。

文明科学の進歩発展は、とてもありがたいことだけど、

どこかで変わらないものもエライし大事だよ、というような威風感が、

日本にももっとどっしりと浸透していればいいのにな、とは思う母さんです。

おもてなしの心は、一歩まちがえると媚びだから、扱いは意外と難しいの。

自分自身もそうだけど、きみたちも、はき違えないよう人生を送ってほしいと願っているよ。

これから、まずはフランクフルト経由でプラハへ。

洗練された雰囲気と同時に、チェコはどことなく孤高の小国というイメージがあるので、

実際はどうなのかな、と楽しみです。

で、プラハといえば「存在の耐えられない軽さ」の舞台です。

言葉にしにくい空気感の名作

言葉にしにくい空気感の名作

きみにはぜひ原書を読んでみてほしいな。

姫は、吹き替え版のDVDでいいです(笑)

ジュリエット・ビノシュという女優さんは、女性の魅力をものすごく備えているのね。

洗練と無邪気、それから戦争の無情につながる運びが胸を打ちます。

いい小説、いい映画で、おすすめです。

 

今日は一日機内で過ごします。

禁煙がんばるわ。

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016-2017 Sumire Mizuno

〈性の浄化〉をがんばるスミレママを
いいね!で応援しよう☆彡

Twitter でスミレママをフォローしよう!