%e3%81%8d%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%ae%e6%af%8d%e3%81%95%e3%82%934

 

心はとうめいな水たまりのようなもので、

空とおなじ色に、すぐ変わるよ。

空の色とは、きみが自分の目で見たなにか、ということだね。

映る光景、ニュース、写真や言葉。

それらが、かなしい寒色なら寒色に。

たのしい光景、ニュース、写真や言葉なら、あかるい暖色に、心は一瞬で染まるんだよね。

人の弱さというのは、そこなんです。

だから、心の色を外の景色ばかりで染めないで、

たまには目を閉じて、なにも見ずにいたっていいと思うよ。

あんまり追いこまれずに、

むかしのたのしかったことや、

うれしかったことなんかを思いだしてさ、

はてしなく蒼かった空の色で、心の水たまりを染めてみて。

わたしも、そうやって心を染めかえることがよくあるよ。

幼かったきみの笑顔でね、

きみは、きみ自身の笑顔を自分の目で見ることができないから、思いだしにくいかもしれないけど、

わたしの心のなかには、

色とりどりにあかるい笑顔のきみが、たくさんたくさん棲んでいるのよね。

だから、どんなときでも目を閉じて、好きなだけ思いだせるってことが、母さんの強さなのさ。

今日のように、窓の外がずっとさみしい灰色だったときは、とくに、

(きみはどうしているかなあ)

と、すこしやきもきしながら、そんなふうに思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016 Sumire Mizuno

〈性の浄化〉をがんばるスミレママを
いいね!で応援しよう☆彡

Twitter でスミレママをフォローしよう!