性と愛のサイト/水野スミレ

4.「性欲」って何に対する欲ですか?

性欲は、食欲、睡眠欲にならぶ、人間の三大欲のひとつとされています。

ただ、性欲と聞いて、拒否感や抵抗を感じる女性が多いのも事実です。

あなたもそのひとりかもしれませんね。

これは、これまでの性情報が、主に男性の性体験や感性で語られてきたため。

性欲という言葉も、男性の射精欲に類似した意味合いで使われることが主流でした。

男性感覚だからこそ、多くの女性たちが、

(ちょっと違う…)

と違和感を感じ、否定的に受け止めがちなのです。

そう、思い出してくださいね。

男女は表と裏の関係であることを。

性に目覚める思春期に入ると、男の子は、早々と性的快楽の味を覚えます。

それはからだのメカニズムにより、いやがおうなしに、射精を体験するからです。

射精時の快楽は、主にドーパミンという神経伝達物質(脳内麻薬様物質)がもたらします。

そのため、〈性=快楽〉という強いインパクトが焼きついて、性欲とは快楽への欲求だと認識します。

けれど、女の子の場合は、性に目覚めても、快楽と結びつけるからだのメカニズムそのものがありません。

たまにクリトリスの充血を感じて、気になってふれてみたり、そのままマスターベーションを覚えることは、あるかもしれません。

でも、男の子の矢つぎ早な射精サイクルの足元にも及ばない頻度ですし、意識しないかぎり、習慣化もしにくいのです。

排卵がもたらす生理は、むしろ、大人としての自立が始まる、孤独感の芽生えに近いもの。

そのため、恋人探しや、モテる努力のほうにやっきになります。

女の子にとっては〈性=恋〉であり、〈愛をくれるパートナー探し〉です。

そこから続く幸せな未来へ欲求のほうが、快楽欲よりもはるかに強いのです。

ただ、男女のこの違いは、陰世界のとびらが異なるだけにすぎません。

性の世界を開けるドアが、こちらとあちらにセットされているだけで、中へ入れば同じです。

好きな異性と愛し愛された実感を味わえた時に、おたがいの快楽は驚くほど大きくふくらみ、セックスの本当の悦びと感動を共有することができます。

男女ともに、心の通う異性とのセックスほど快楽が強まるのは、元々、その結果を生むよう人の心とからだに備わっている、根本的な性の法則です。

性欲とは、本来は、愛情への欲です。

もっと愛されたい。

もっと愛したい。

ただそれだけの、とてもシンプルな、人間の根源的な本能です。

わたしたちは、どこまでいっても愛を届けあうためにセックスをする生きもの。

男性も女性も、本当は同じくらい真剣に愛を求めています。

人は、ボクの出す愛のホルモンがほしいから恋をして、エッチするんだよ。

男子の射精の快楽成分とは別もの。

一緒くたにするとこじれるし、あとでもめるよ~…。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 Sumire Mizuno

〈性の浄化〉をがんばるスミレママを
いいね!で応援しよう☆彡

Twitter でスミレママをフォローしよう!
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

LOVE&SEX講座

わくわく保育園ってどんなイベント?

  新宿・歌舞伎町【No,Where】主催! 毎月恒例の大人向け性教育≪わくわく保育園≫Vol.6が …

「母性のトリセツ」アップ開始のお知らせ

オキシトシンが導く女のしあわせ.comフォロワーさまいつも応援ありがとーございます♪ 新章「母性と犠牲の章」ア …

わくわく保育園VOL.10のお知らせ

  新宿・歌舞伎町【No,Where】主催! みんなで楽しく学ぼうセックス知識♪ 大人向け性教育〈わ …

  • facebook
  • twitter

Twitting

テーマ一覧

PAGETOP
Copyright © オキシトシンが導く 女のしあわせ.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »